オススメ優良出会いサイト案内

逆援稼ぎそうです

新しい出会いが手に入る場を利用する人々に話を訊いてみると、ほぼ全員が、人肌恋しいと言う理由で、一瞬の関係が築ければ別に構わないと言う考え方で逆援交掲示板をチョイスしています。
言い換えると、キャバクラに行くお金をかけたくなくて、風俗にかける料金も節約したいから、料金がかからない出会い系サイトで、「手に入れた」女の子でリーズナブルに済ませよう、と思う男性が逆援交サイトに登録しているのです。
また、女の子達は全然違う考え方を備えています。
「彼氏が年上すぎてもいいから、服も買ってくれて料理がおいしい人を彼氏にしたい。出会い系をやっているおじさんはだいたいがモテないような人だから、平均程度の女性でも操ることができるようになるかもしれない!思いがけず、イケメンの人に出会えるかも、キモい人は無理だけど、イケメンだったら付き合いたいな。女性の100%近くはこのように考えています。
単純明快に言うと、女性は男性の外見か経済力が目的ですし、男性は「安い女性」を目的として逆援交掲示板を活用しているのです。
二者とも、できるだけ安価にお買い物がしたくて出会いを探しているようなものです。
そうやって、逆援交掲示板を活用していくほどに、おじさんたちは女を「品物」として捉えるようになり、女もそんな己を「売り物」としてみなしていくようになり、変容してしまうのです。
逆援交掲示板にはまった人の思考というのは、女性を徐々に精神をもたない「物質」にしていく類の異常な「考え方」なのです。
ライター「ひょっとして、芸能人で売り出し前の人って、サクラを収入としている人が沢山いるのでしょうか?」
E(某芸能人)「そうだと思われますね。サクラでの小遣い稼ぎって、シフト比較的融通が利くし、俺らのような、急にショーの予定が入ったりするような生活の人には求めているものなんですよ。読めない空き時間にできるし、めったにできない経験の一つになるし…」
C(とあるアーティスト)「経験の一つになるよね、女のキャラクター作るのは苦労もするけど自分たちは男目線だから、自分がかけられたい言葉を相手に言えばいい訳だし、男側の心理はお見通しだから、男性もやすやすとだまされますよね」
A(メンキャバ勤めの男)「予想に反して、女の子でサクラをやっている人は男の心がわかってないからはっきり言って下手っすよね」
筆者「女のサクラより、男のサクラの方が向いているのですか?」
D(芸能事務所在籍)「はい、そうです。秀でた成績を残しているのは大体男性です。とはいえ、僕なんかは女の役を作るのが上手じゃないので、いつもこっぴどく怒られてます…」
E(とある人気芸人)「本質的に人妻 逆援交食わせものが成功する世ですからね…。女性になりきるのが結構大変で…俺も骨を折っているんです」
筆者「女性の役を作り続けるのも、相当苦労するんですね…」
女の子のキャラクターのやり方に関しての話が止まらない一同。
そんな中で、ある発言をきっかけに、自称アーティストのCさんに向けて関心が集まったのです。

関連記事